夫婦の日常

共働き夫婦の重要なお金の管理。財布は別の方が良いのか1つにした方が良いのかメリットデメリットをまとめました。

悩む人々
悩む人々
「夫婦になったは良いものの、財布は別々の方がいいのか、それとも1つにした方がいいかわからない。また財布を1つにした後にお小遣い制にするとしたら、金額はどれくらいが適正なの?」

そんな疑問にお答えします。

それぞれのメリットデメリットを紹介します。また共働きをしている私たちの、お小遣い制の現状をお伝えするので、迷ってる方々はぜひ参考にしてみてください。

ちなみに財布を1つにするという状況について、具体的には通帳を1つにして、それぞれの収入を2人の共有財産にする、ということを指しています。

財布を別々にするメリット

好きなことにお金を使える

自分で稼いだお金は自分の好きなことに使えます。例えば美味しいものを食べたいと思えば食べれるし、新しい服を買おうと思えば好きなものを買えるし、趣味にお金を使おうと思えば使えるし、会社の同期と飲みに行こうと思えば行けるし。

自分を主体で考えられるため、とても気が楽です。相手のことを考える必要がありません。稼いだ分だけ好きなことに使えます。

相手に依存しないようにできる。

こう言ってはあれですが、何かあるかもしれませんよね笑 人間ですし。

そのため、財布を別々にしておいた方が何かと後ぐされがなく、トラブルが生まれにくいと考えられます。

財布を別々にするデメリット

共通財産の清算の時に計算が面倒

夫婦になると、各々のことだけでなく、共通でお金が発生することが多くなります。例えば家賃であったり、食費であったり、子供の養育費であったり。そうした場合、いちいち割り勘で清算するのは非常に手間だと思います。また後々思い返した時に、「あれ?あのときのお金って清算したっけ?」となってしまっては大変です。「俺払ったし。いや払ってねーよ」的な争いが勃発してしまいます。

お金を使いすぎてしまう

自分のお金だと思うと、歯止めが効かなくなることが予想されます。貯金はお互いしようと言っていたはずなのに、気づいたらある分だけ使っちゃいます。だって俺のお金だし?なんて考えがあればなおさらです。貯金がしにくい仕組みかもしれません。

財布を1つにするメリット

共通財産の清算の時に計算が簡単

個人的にはこれが1番のメリットだと感じています。共通の通帳があるので、共通の支払いである家賃や食費などは、共通のお金として簡単に清算することができます。当たり前なのですが、2人で暮らしているので、2人の共通の支払いっていうのが結構多くなります。例えばどこかにデートしに言って、ご飯を食べた際にも、財布を管理している片方が払えば済むわけです。(財布が別だとその場で割り勘をする必要が出てきたり、あとで払うねという感じで、手間がかかります。)

お金の流れが見えやすい

財布を別々にしていると、相手の通帳って見る機会が少ないと思います。それはプライバシーを守ることにはつながりますが、なんか少し不安に感じませんか?何に使っているんだろう。お金は残っているのだろか。そんな感じです。

財布を1つにすることで、今何にお金が使われているのか、どれだけ貯金が残っているのかは非常にわかりやすくなります。

貯金がしやすい。

相手のお金も自分の通帳に入ってくるため、「自分だけのお金じゃない」というお金の意識が高まります。そのため無駄遣いが少なくなります。

僕は恥ずかしながら散財家なのですが、これまである分だけお酒に消えていたお金も、今では、ぐっと我慢できるようになりました。

財布を1つにするデメリット

1人に管理の負担がかかってしまう。

基本的にはどちらかが管理する必要があるので、現金化しておくのであれば、共通のお金をおろすという作業が必要になってきます。またあとで後述するのですが、通帳を複数使い分ける場合は給料日の度にお金を移動する必要もあります。まあやりようによっては、夫婦2人で月ごとに交代で担当するという手もあるかもしれませんが。。。

収入(残業代)に差があると不公平に感じる

会社に入りたてであればそこまで収入に差が無いかもしれませんが、5年、10年経てば大きく変わってきてしまう可能性もあります。また会社や契約形態(正規か契約社員か、アルバイトか)によってはボーナスに差が出てしまいます。

大きな不満を感じてしまうポイントとしては、残業代です。一方は月に残業で40時間働いて、もう一方は10時間程度しか残業していなかった場合に、収入が変わってきてしまいます。あれだけ苦労して働いたのに、共有財産になってしまうのでは…..と、報われない気持ちも沸き起こってしまうかもしれません。

自分で稼いだお金を好きなことに使いにくい

基本的には共有財産なので、突発的に趣味にお金を使いたいとなっても、相方に確認を取る必要があります。また、一般的に財布を1つにしている場合は「お小遣い制」を導入している過程が多いようですが、そのお小遣いもあまり多くは無いと思います。そのため、限られた範囲でしか好きなことにお金を使えなくなるというのに我慢できなくなることも考えられます。

これまでの貯金を合算する必要がある

これが結構難しいところだったのですが、旦那は前述の通り散財家なので、貯金はほぼありませんでした。その点、嫁はかろうじて、20万〜30万円程ではありますが、貯金をしていました。(お互い就職してから間も無いということもあり) 話し合うしか無いのですが、この差を埋めるのには大変苦労します。僕らは「2人の飲み代にする」ということで決着しました。(ごめん、嫁)

私たち夫婦は財布を1つにしています

結局僕らは話し合いの結果、幾多の障害を乗り越えて財布を1つにしました。

どのように分けたのか、どんな苦労があったのかという詳しい話については今度また記事を書きたいと思います。

またお小遣い制を導入しています

それぞれが異なる収入を、共通財産にしたことで、全てを共通にしたかというとそうではありません。昼の食事代金と、好きなことに使えるお金として一定の「お小遣い」を支給しています。

参考までに僕らの通常期のお小遣いは2万円です。ちなみにこれ、昼ごはんも入っています。

ただ、飲み会が多くなるシーズンは1万円多めに設定し、3万円を支給しています。ぶっちゃけていえばそれでも足りません笑 本当に我慢生活です。

恥ずかしながらの使用用途

例えばですが、先月の僕らの使用用途をちょろっとご紹介します。

旦那:昼食代1万円(1食500円程度計算)、後輩と飲み10000円(奢った分含む)、職場の同期と飲み7000円(後輩に奢った分含む)、友人と遊んだ1500円、その他飲み物代1500円程度

嫁:昼食代7000円、会社(労働組合)の飲み7000円、大学の後輩との飲み5000円、会社の女子会4000円、会社(課)の飲み4000円、ヘアカラー代3000円

改めて見ると、2人ともほぼ飲み会に自由なお金を使っているんですね笑

好きなものを自分のお小遣いでまかなうのは難しいんですが、ある程度我慢しつつ、必要なものについては相談の上、共有財産でうまくまかなっています。

話は変わりますが、飲みのお金を抑えるコツとして、こんな記事も書いてます。

ぜひ参考にどうぞ。
幹事さん必見!忘年会や新年会、歓送迎会などで使える「グルーポン」で、飲み会を安くおさえよう!

まとめ

財布を別々にするのか、1つにするのかということについて、それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。色々な考え方があると思いますが、僕らは夫婦になったということ、一緒に暮らしていくこと、将来的に子供を育てる可能性があることなど、様々なことを考え財布を1つにしました。

ぜひ一意見として、本記事を参考にしていただければ幸いです。

アプリを活用して我が家の家計管理を行う嫁の記事は以下です。こちらもぜひ!
家計管理担当の嫁が伝えます。我が家の家計管理にはシンプルな家計簿アプリを活用!

ABOUT ME
旦那と嫁
旦那と嫁
東北地方にて活動中の夫婦ノマド(仮)です。旦那は独立してWEB関係の仕事を構築中。嫁は会社勤めです。自分たち夫婦の幸せとはなんだろうと考えつつ、日々楽しく生きる方法を模索しています。将来はゲストハウスやコワーキングスペースなど、みんなが”集まる場”つくりをしていきたいと考えています。