WEDDING

【結婚式】会場の特性によって披露宴スタイルは様々!特徴をまとめます。

こんにちは!嫁です。

「結婚式」と一口に言っても、その雰囲気やスタイルは様々です。
まずは結婚式場探しから始まる!といっても過言ではない結婚式準備。その前準備として、披露宴のスタイルの違いを知りましょう!

悩む人々
悩む人々
披露宴にスタイルとか種類なんてあるの?違うとは言われるけど、実際どれを選んだら良いのかわからない!

そんな疑問にお答えします!

本記事を読むとこうなる!

・結婚式場選びの基礎知識である式場の種類を知ることができる!
・式場の違いによる披露宴スタイルの違いについて知ることができる!
・自分たちにピッタリなスタイルを考えていけるので、「こんなはずじゃなかった!」を防げる!

ゲストハウスウェディング


https://www.mwed.jp/hall/11343/

貸切型ウェディング。
オリジナリティ溢れる、アットホームな結婚式を実現できます。

ゲストハウスウェディングの特徴

広々とした空間で、プールやガーデンを併設しているような式場も多く、自由度の高い結婚式にできることが特徴です。

その時間帯は、会場のスタッフ全員があなたたちご夫婦のために動きます。
その時間帯は、会場はもちろん入口やトイレなどの隅々に至るまで、自分たちらしい演出をもたらすことができます。(会場によりますが)

ゲストにとっても、違う会場の人たちのいない空間でアットホームに過ごすことができる、ストレスのかかりにくい空間となります。

ゲストハウスウェディングの懸念点

貸切会場であるが故に、1日に式を挙げられるのは1~2組程度です。
良い日程やお日柄はすぐに埋まってしまい、日程の選択肢が少ないことが懸念されます
余談ですが、私たち旦那と嫁もこれが原因で諦めてしまった式場がありました。

また、これは式場にもよりますが、価格が高い会場や、広い敷地を持つためにアクセスが良くない会場もあります。

専門式場


https://www.mwed.jp/hall/10327/

結婚式のための式場。
ゲストハウスウエディングと似ていますが、本記事では披露宴会場が複数あるような会場を専門式場と呼びます。

専門式場の特徴

結婚式のための会場であるため、スタッフはみなさん専門家です。打合せ等の流れも洗練されており、結婚式らしい結婚式ができる会場です。

披露宴会場が複数あるため、1日に式を挙げられる組数がゲストハウスウエディングよりぐっと増えます。つまり、日程選びに余裕ができます。また、披露宴会場によってコンセプトを持つ会場も多く、どの会場にするか選ぶ楽しみもあります。

専門式場の懸念点

ゲストハウスウエディングと違い、同じ建物に複数の新郎新婦、ゲストが存在します。鉢合わせたりすることのないようにスタッフの方々が気遣ってくれるのですが、そのために待たされたりなども多少ありました。

また、スタッフもあちこちの対応でバタバタしている印象はあります。

ホテルウェディング


https://www.mwed.jp/hall/11343/

ホテルで行うウエディング。
おもてなしや料理の専門家にお世話になります。

ホテルウェディングの特徴

有名なホテルならブランド力があったり、アクセスが良いホテルが多かったりするのが特徴です。アクセスが良いことで、二次会会場も選びやすい場所が多いのではないでしょうか。

また、同じ会場に宿泊もできるので、遠方ゲストに優しい会場といえるでしょう。

施設が大きく、披露宴会場とできる会場も複数あることが多いので、日程選びにもあまり苦労しません。

ホテルウェディングの懸念点

他の新郎新婦やゲストだけではなく、一般の宿泊客やレストラン利用客など、多くの人が混在します。会場名などは他の会場以上にゲストにしっかり伝えておく必要がありそうです。

また、できることが限られ、オリジナリティを出しにくいことが懸念されます。

レストランウェディング


https://wedding.gnavi.co.jp/restaurant/fukuoka/

レストランで行うウエディング。
一番手軽でアットホームな会場といえそうです。

レストランウェディングの特徴

レストランというだけあって、料理はとにかく間違いありません
また、会場ややり方によっては、費用を大幅に抑えることができます。

良い意味で結婚式のような堅苦しい空間にならず、パーティのようなアットホームな結婚式を実現できます。施設によっては結婚式(結婚パーティー)のための貸切プランがあったりもしますね。

レストランウェディングの懸念点

施設によりますが、専用の化粧室や更衣室、クロークなどが充実させられなかったり、カメラマンや衣装などを自分で探して持ち込む必要が出てきます。スタッフも専門家ではないため、自分たちでも準備物や進行の確認等しっかり行っていく必要があります。

結婚式らしい結婚式をしたいご夫婦にはあまりフィットしないことが多いかもしれません。

おわりに

以上、4つの結婚式会場によるスタイルの違いをまとめました。どの会場にも良いところや考えるところがあり、自分たちがどんな結婚式をしたいかによって、ぴったりな会場が変わってきます。

ぜひ、ご夫婦で相談して結婚式場選びの参考にしていただければと思います!

ABOUT ME
嫁
当サイトのライターであり、旦那いわむーの相方。大学卒業後、仙台にあるIT企業に務めて3年目になり、夕飯後や休日に記事を執筆する生活をしている。文字を書くことと写真を撮ることが好きなので、どんどん情報発信スキルを上げていこうと日々勉強中。好きなものは旅行とお酒で、ビールはキリン一番搾り推し。