WEDDING

【結婚式】お色直しの回数に迷っているあなたへ。お色直しは1回がおすすめです!

はじめましての方は、はじめまして!
嫁のほうです。

準備は衣装選びもとっても楽しいポイントです。特に女性にとって、ウェディングドレスは子供の頃からの夢♡、なんて人もいるのではないでしょうか。

ところで「お色直し」、何回しようか、悩むところではありませんか?
何度お色直しすれば満足できるだろう?
普通は何回くらいお色直しするものなんだろう?
そんな疑問を抱く新郎新婦も多いかと思います。

経験をもとに、結論から言います。
お色直しは1回!
1回がおすすめです!
調べてみると、世間的にも平均お色直し回数は1回のようです。
https://allabout.co.jp/gm/gc/221117/#2 

もちろんそれだけではなく、ちゃんと私なりの経験談と理由があります。ご説明しましょう!

お色直し、1回じゃないとこうなるかも…

0回だとこうなるかも…

結婚「パーティー」にするのであれば話は変わるかもしれませんが、結婚式であれば、まずはウェディングドレスまたは白無垢を着るかと思います。それはそれで最高に楽しくて幸せです。でも一生に一度の結婚式。これを逃したら、あんなふわふわのカラードレスや、美しい色打掛を着る機会はなかなかないかもしれません。というか多分ないです。
また、お色直しの中座がなく、ずっと注目され続けるのは想像以上に疲れてしまいます。私たちはお色直しを1回したのですが、中座するまでは元気いっぱいだったと思ったのに、人目から離れた瞬間どっと疲れが…。楽しすぎて気づかないですが、ずっと会場にいると意外と疲れてしまうものだと思います。

2以上だとこうなるかも…

つまり全部で2回以上中座し、3着以上着るということですね。
テンションはめちゃくちゃ上がると思います!衣装選びをしていて思うのですが、自分が決めた衣装以外にも「これも可愛い…いいなあ…」と思う衣装は必ず出てきてしまうものです。やはり多く衣装を着ることができたら幸せでしょう。

しかし、懸念点が2つあります。
① 価格
これは皆さん想像しやすいかもしれません。衣装はタダではありません。レンタルでも、1着数十万円するものがほとんどでしょう。また、価格帯は式場によりますが、着付けにもお金がかかります。つまり、衣装を着れば着るほど費用はかかるということです。

② 時間
中座の時間って、どれくらいだと思いますか?着替えてくるだけでしょ?10分15分くらいかな?と私も最初は思っていたのです。20〜40分は見なくてはいけません。
披露宴の時間って、どれくらいだと思いますか?おおよそ2時間半程度が平均的です。
2回中座したとすると、披露宴時間のうち1時間強、半分近くが花嫁なしの状態で進むことになります。さらに、乾杯やスピーチやケーキカットや余興や花嫁の手紙や………そう考えると、中座する時間が惜しくなりませんか?私は時間が惜しすぎて、お色直し0にすることもちょっとよぎったくらいです。
お金よりも何よりも、時間が取られてしまう。これはかなりインパクトがあると思います。

結果して、お色直しは1回が正解だと思うのです!

2種類は着るので、見栄えもする!

ウェディングドレスまたは白無垢と、カラードレスまたは和装。印象の違う衣装を2種類着ることができるので、ゲストも楽しませることができますし、写真栄えもします!
余談ですが、私人生で最初で最後だったと思うんです。ランウェイを歩くモデルのごとく、ゲストに手を振られ振り返しながら歩いたのは。普段は影役者寄りの私ですが、この日だけは多くの方のおかげで主役でいることができました。
来世もし美人に生まれたら私モデルさんかアイドルやってるかもしれない。

休憩もとれる!

中座がちょうどよく、休憩時間になりました。(座ってゆっくりしていられたわけではなく、ずっと着付けされていたのですが…)ただ、口角下げて仏頂面で旦那と喋っていた記憶があります。旦那との会話の内容は楽しかったはずなのですが、頬が疲れていたので仏頂面でした。
また、髪型やメイクも直してもらえたので良かったです。私は髪太めしっかり派なので、コテで巻いた髪が取れてきちゃって…控室で直してもらえて良かったです。旦那も緊張で腹痛ぎみだったところで、ちょっと休憩がとれたので良かったとのこと。

でも、時間はそれなりにキープできる!

ただでさえ披露宴は内容が盛り沢山な上に、なるべくフリートークな時間も取りたかった私達。お色直しを1回のみにすることで、それなりに時間はキープすることができました。

おまけ 〜余裕があれば前撮りをぜひ〜

お色直しを1回にすると、着れる衣装は2着まで…
しかし!前撮りをすれば、当日のお色直しを1回にしつつ、もう1着楽しむことができるのです。

それ以外にも、前撮りにはメリットがあるのです。
ここで3つご紹介します。

① ゆっくりしっかりと夫婦の写真が撮れる
前撮りは、言葉の通り結婚式当日とは別に、結婚式前に写真を撮ります。よって、時間に余裕がある状態で、ゆっくりしっかりと写真が撮れるんです。結婚式当日も、もちろんプロのカメラマンがいそいそとシャッターを切ってはくれます。ちょっと向かい合っておでこつけて〜、ハイ次はこっちみて微笑み〜!写真はたくさんできあがります(笑)しかし、撮れる時間は限られています。控室で撮られるのと、会場への移動中にバタバタと撮られるのと…とにかくバタバタはしています。
それに比べて前撮りは、なんせ写真を撮るための時間です。前撮りは、ゆっくりしっかりと夫婦の写真を撮ってもらうことができることがメリットです。

② 好きなロケーションを選べるかも
これは式場や前撮りプランにもよるものではありますが…。
例えば、式場は教会なんだけど、神社で和装の写真を撮りたいとか。例えば、街中でラフな感じでドレスなカジュアル写真を撮りたいとか。
これらは当日の撮影のみでは、間違いなくやる暇がありません。プランナーさんに相談は必要ですが、好きなロケーションを選んで満足のいく写真が撮れることも、前撮りのメリットです。

③ ペーパーアイテムやムービーなど、当日に使える
前撮りをすることで、しっかり着飾った写真をムービーに使ったり、ウェルカムボードに使ったりなど、当日のアイテムとして使うことができます。実際、ペーパーアイテムやムービーに使う写真を探しても、意外と最近の写真無いじゃん!?とかなりがちなんです。なぜなら結婚式準備で遊びに行く暇が少ないから!私達は結婚式準備の合間をぬって遊んでいたので、写真が無いわけではなかったのですが、意外と少ない。これは困りました。困った結果、しれっと数年前の動画や写真を使いまくりました(笑)
また、意外としっかり二人で寄り添って撮る写真って少ないんですよね。あっても自撮りで顔がでかかったりとか…でも、前撮りをすれば、プロが撮った写真が素材として手に入るのです!

▲ ただし…
ただし、前撮りをすることで結婚式費用は上がります。式場や衣装屋さんにもよりますが、衣装代と撮影代が追加でかかることになるかと思います。ちなみに私たちはお財布に余力がなく、諦めました…さよなら私の3着目……

————————-

いかがだったでしょうか。
もちろん、お色直し0回にも2回以上にも、良い面はありますし、結婚式の形は人それぞれです。しかし、私は自分の結婚式を終え、やっぱりお色直しは1回にして正解だった!と思っています。ぜひ、本記事を参考に、お色直しの回数をご夫婦で相談してみてください!

ABOUT ME
旦那と嫁
旦那と嫁
東北地方にて活動中の夫婦ノマド(仮)です。旦那は独立してWEB関係の仕事を構築中。嫁は会社勤めです。自分たち夫婦の幸せとはなんだろうと考えつつ、日々楽しく生きる方法を模索しています。将来はゲストハウスやコワーキングスペースなど、みんなが”集まる場”つくりをしていきたいと考えています。