ゲストハウス

外国人にゆるりと日本語を教えよう!〜助詞「を」の感覚を掴む〜

こんにちは!嫁です。

ここ最近の記事でよく書いていますが、最近は旦那がスタッフをしているHostel KIKOにちょいちょい遊びに行く生活をしています。

ゲストハウスに行くと外国人のゲストも多く、中には「日本語が少しだけわかります!」なんていう方もいて、例え拙かろうが間違っていようが、日本に興味を持って、日本語を話そうとしてくれるのは、かなり嬉しくてわくわくするものです!

日本語を頑張って使おうとする外国人を見ていると、助詞に苦戦する人が多いことがわかります。

でもいざ、外国人から正しい使い方をについて聞かれても・・・普段何気なく使っている言葉を、パッとわかりやすく説明するのって難しくないでしょうか。

悩む人々
悩む人々
外国人が日本語を一生懸命話しているのに、ちょっと助詞が変だ・・・ちゃんとした使い方教えてあげなきゃ!!

この記事では、そんな人の力になれるよう、大学時代に日本語教育を専攻していた私からお伝えします!

嫁
本記事では、ゲストハウスでご飯でも食べながらゆるりと日本語を教えられるような、難しくせずに簡単に日本語を身に着けてもらえるような、そのためのヒントを書いていきます。

前置き 〜助詞って難しい

日本語を母語としない人たちにとって、日本語は学習が難しい言語と言われます。
その理由の一つが、助詞の難しさです。

以下の例文をご覧ください。

①太郎くん  花子さん  日本語  教えた。

②太郎くん  花子さん から 日本語  教えた。

①はわかります。比較的かんたんな構成の日本語の文章ですね。

②は、単語が出てくる順番は①とまったく同じです。
でも、助詞を適当に使うだけで、全く意味をなさない文章になります。

さらに、ひとつの助詞に複数の用法があることも、助詞を学ぶ難易度を引き上げています。

①机の上  バッグがあります。

②7時  朝ごはんを食べます。

①の「に」は、場所を表します。

同じ「に」を使っていても、②は時を表しています。

これらを我々日本語母語話者は無意識に使い分けていますが、外国人がこの感覚を掴むことはとても難しいです。

嫁
このように、私たちが普段意識せずに使っている「助詞」は外国人にとって難しいです。そして私たちも、普段意識していないものを論理的に説明することはかなり難しい、というわけですね。

でも、日本語を使うにあたって助詞は避けては通れません。
じゃあ、ご飯でも食べながらゆるりと教えられるように、本記事でポイントをまとめようじゃないですか!
これを活用して、ゆるりと「助詞」を教えてあげてください!

ご飯でも食べながらゆるりと助詞「を」表現を覚えよう!

用法① 他動詞の表す動作の対象を表す

助詞「を」の代表的な意味用法として、他動詞の表す動作の対象を表すというものがあります。
でもこれ、このまま相手に伝えるの難しすぎますね…

ここは、ジェスチャーを交えて実践で教えちゃいましょう!

(お茶を飲む動作をしながら)
「お茶 飲みます」

(ギターを挽くジェスチャーをしながら)
「ギター 弾きます」

日本人A「すみません。お皿 取ってください」
日本人B(お皿を取ってあげるジェスチャー)

まずはここで相手の反応をチェックです。
動作の対象を表していることをわかってもらえたら、応用編いきます!

こちらから質問を投げかけ、助詞「を」を実際に使ってもらいましょう。

「今日のランチは、なに 食べましたか?」
→ 「〇〇 を 食べました」

「大学では 何 勉強(専攻)しましたか?」
→ 「〇〇 を 勉強(専攻)しました」

「あなたの国では 何語 使いますか?」
→ 「〇〇語 を 使います」

このようにして、動作の対象に対して「を」を使う感覚を、何度も繰り返し練習することで掴んでもらいましょう。

用法② 移動の出発点や経路を表す

助詞「を」には、出発点や経路、通過点を表す意味合いもあります。
こちらも実践で覚えていきましょう!

「明日の9時に、ホテル 出ます」
(ホテルを出発点として、動作主に動きがある)

「あの信号 右に曲がります」
(信号を通過するときに、右に曲がるという動作がある)

「橋  渡ります」
(橋を経路として、動作主に動きがある)

経路や通過点のニュアンスは少しイメージが難しそうなので、
「ホテル を 出ます」「部屋 を 出ます」等を、ひとつのワードとしてまとめて覚えても良いかもしれません。

こんなことを聞かれたら・・・

学べば学ぶほど、疑問は出てくるもの。
こんなことを聞かれたらこう答えればOK!をいくつかピックアップしてみます。

「部屋を出る」と「部屋から出る」は何が違うの?

基本的な意味合いとしては一緒です。どちらの使い方も、間違いとは言えないでしょう。

ただし、下記はどうでしょう。

旦那
旦那
部屋 から 廊下に出る
嫁
部屋 を 廊下に出る

後者の嫁の方、違和感ありますよね。
「を」と「から」の違いとして、「を」は起点を表すものに過ぎず、「から」は動作の到達点との関係における始点を表しています。

旦那の方は、部屋から廊下にでて、その廊下を歩いたのかもしれないし、その廊下を掃除したのかもしれない。
嫁の方は、部屋という空間から出た、という事実のみを表すので、その後の廊下云々は含まれない。(「部屋を出て、廊下を歩いた」と分離させれば別ですが…)

「を」と「から」の違いについては、文脈や使われ方によって他にも違いがありますが、ここでは割愛します。
こればかりは、しっかり勉強するか、使って慣れていくか・・・頑張るしかないですね。

「を」って省略していいの?

悩む人々
悩む人々
「ご飯食べましたか?」って変??「ご飯 を 食べましたか?」が正しい日本語じゃないの?

まず、「ご飯食べましたか?」は間違いとは言えません。
特に口語表現では、助詞が省略されることがあります。

そして、文脈や相手との関係性によっては、助詞を省略したほうが自然な場合もあります。
例えば・・・

旦那
旦那
その本、面白そうだね!
嫁
その本は、面白そうだね!

自然な会話としては、「は」を省略した旦那の方と言えるでしょう。
後者の嫁の方でも間違いはありませんが、「その本は面白そうだけど、隣の漫画は面白くなさそう」というような、隠れた意味を匂わせているようにも見えてしまいます。

純粋に尋ねるならば、前者の「その本、面白そうだね!」のほうが自然に見えるでしょう。

とはいえ、助詞が入っている文も、日本語として間違いじゃないので大丈夫です!

さいごに

いかがでしょうか。

記事を書いていて、日本語って奥が深いなあと改めて思いました。
普段何気なく使っているものを、改めて何も知らない人に説明するのはとっても難しいものです。

そんな中でも、少しでも外国人が日本を知る手助けができるように、日本語をもっと楽しいと思ってもらえるように、
本記事を活用していただけたら嬉しいです!

ABOUT ME
嫁
当サイトのライターであり、旦那いわむーの相方。大学卒業後、仙台にあるIT企業に務めて3年目になり、夕飯後や休日に記事を執筆する生活をしている。文字を書くことと写真を撮ることが好きなので、どんどん情報発信スキルを上げていこうと日々勉強中。好きなものは旅行とお酒で、ビールはキリン一番搾り推し。