ゲストハウス

ゲストハウスではこんな交流ができます【体験談をご紹介!】

こんにちは!嫁です。

ゲストハウスを知っていますか?

・知らない人と相部屋で、風呂トイレは共用
・ラウンジやバーがあって、他人との交流がある
・宿泊料金が安い

ゲストハウスはこんな特徴を持った宿泊施設です。
私たち夫婦はゲストハウスが好きで、実際にゲストハウスを何度も利用しています。

さらに今、相方はHostel KIKOにてゲストハウススタッフとして働いています。

悩む人々
悩む人々
ゲストハウスに興味はあるけど、実際「交流」ってどんな雰囲気なんだろう?知らない人や初めて会った外国人と、話すことなんて本当にできるのかな?

安心してください。
知らない人や初めて会った外国人とも交流できます!

嫁
本記事では、ゲストハウスでの交流のイメージを持っていただけるよう、私たちが経験した実体験を一例としてご紹介します!

なお、本記事で紹介しているのはごく一部のゲストハウス様です。
かつ、そのゲストハウスで感じる景色の、あくまでもごく一部です。
日によって様々な顔を見せるのがゲストハウスなので、そのあたりはご了承ください。

ゲストハウス 梅鉢(宮城)

ゲストハウス 梅鉢(http://umebachi2009.com/index.html)

宮城の仙台にあるゲストハウス。
仙台駅から近い、仙石線苦竹駅の近くにある一軒家のゲストハウスで、素敵なご夫婦と素敵なスタッフが待っています。

梅鉢の名物の1つとして、みんながわいわいとおしゃべりを楽しむバーと、そこで食べられる美味しい晩ごはんがあります。
要予約で700円で晩ごはんをお願いすることができ、地元の食材を活かした美味しいごはんを作っていただくことができます。

私たちが訪れたときは、こんな美味しい晩ごはんを食べながら、外国人とご近所さんと関西からのゲストと談笑しました。
同じご飯を囲むと、不思議と初対面でも話が弾むものです。

その向こう側にはバーがあり、自家製梅酒や世界各国の瓶ビールや、いろんなお酒をリーズナブルに飲むことができます。
みんなの姿が見えるような広さなこともあり、いろいろな人と消灯時間までたくさんお話しました。

嫁
余談ですが、地元仙台のゲストハウスということもあり、スタッフの送別会パーティに参加もしましたし、今でもお付き合いのある方々がちらほらいます。素敵な繋がりができました。

ゲストハウスtoco.(東京)

ゲストハウスtoco.(https://backpackersjapan.co.jp/toco/

東京の入谷にあるゲストハウス。
ゲストハウス好きなら誰でも名前は聞いたことがあるような、かなり有名なゲストハウスです。

このゲストハウスは、多くの方が集うエントランスのLIVING&BARと、その奥にある築90年の古民家を改良した宿部分とに分かれています。
BARには宿泊者はもちろん、近所の人も多く集まり、国際色豊かな温かい空間です。
ときには手巻き寿司やワークショップ等、イベントが開かれることも。

そして、ここのスタッフさんは、人と人を繋げること、人と面白いことを繋げることのプロです!

旦那
旦那
toco.はスタッフが本当に素敵。初めて行ったゲストハウスがtoco.だったのですが、気さくに話しかけていただいたおかげで緊張がとけ、今でも連絡を取り合うような友人を作ることができました。

ちなみに、数年前に泊まりに行ったときは、BARで仲良くなった人たちと急遽カラオケに行くことに(笑)
そんな突然の出会いも楽しむことができるゲストハウスです。

マスヤゲストハウス(長野)

マスヤゲストハウス(http://masuya-gh.com

長野の下諏訪にあるゲストハウス。
明治時代の古地図にも載っているような老舗の旅館を改装したゲストハウスです。

マスヤゲストハウスはご近所さんとの付き合いがとっても濃厚で、夜のバータイムにはたくさんのご近所さんが遊びに来ます。
スタッフさんも交えながら、飲んだりおしゃべりしたり。

嫁
ここには夫婦で連泊しましたが、下諏訪でお出かけした場所やご飯屋さんは、ほぼすべてここで飲みながら教えていただいた場所、といっても過言ではありません。
たくさんの旅情報と元気をもらいました。

昼間はお出かけしたり、写真のようにリビングでゆったり作業したりもできます。
昼にいても夜にいても、まるで自分の家にいるかのような、居心地の良い空間でした。

まとめ

ゲストハウスには様々な交流の形があります。

・ご飯やお酒を囲みながら談笑や旅の情報交換
・ご近所さんやそこのスタッフとおしゃべり
・イベントで一緒に何かをして生まれる交流

…他にも人それぞれ、ゲストハウスそれぞれ、様々な形があります。

本記事を読むことで、少しでもゲストハウスのイメージが膨らみ、様々なゲストハウスで自分だけの経験をしていただけたらとても嬉しいです。

また、逆に「ゲストハウスって交流があるならハードル高いよ…」って印象を持っている方は、こっちの記事を読んでいただき、安心してゲストハウスに行ってみてください!

私自身、まだまだ行ってみたいゲストハウスがたくさんあります。
みなさんも是非、いろいろなゲストハウスに行って、様々な経験をしてみてください!

ABOUT ME
嫁
当サイトのライターであり、旦那いわむーの相方。大学卒業後、仙台にあるIT企業に務めて3年目になり、夕飯後や休日に記事を執筆する生活をしている。文字を書くことと写真を撮ることが好きなので、どんどん情報発信スキルを上げていこうと日々勉強中。好きなものは旅行とお酒で、ビールはキリン一番搾り推し。