仕事の効率を上げる

部下や後輩を育成する際のポイント4選

人材育成を任されたとき、初めて教える立場になって困ったという方もいらっしゃることでしょう。今までは自分の仕事の出来や進捗だけを気にしていればよかったという場合も、部下や後輩の育成に関わるとなると、そうも言っていられません。

いわむー
いわむー
自分のことで精一杯だと、人のことまで面倒見きれないってのが正直あるよね。苦い思い出たくさんあります笑

ざわむー
ざわむー
とはいえ、組織で仕事をしている以上、自分だけでは仕事が回らない、次の世代に橋渡しできないとか、別の問題も出てくるんだよね。

今回は、部下や後輩を育成するときに大切な4つのポイントについて紹介したいと思います。

人材育成は必要なのか?

とある男性
とある男性
自分のときはそんなことをしなくても大丈夫だった

とある女性
とある女性
そんなやり方は甘やかしているだけだじゃないの?

今回紹介するポイントの中には、そう思われるようなものもあるかもしれません。しかし、大切なのは人を育てるという視点に立つことです。人を育てるにはマインドの切り替えも必要になります。

人にはそれぞれ向き不向きがあるので、人材育成についてのヒントを得るような気持ちで読んでみてください。

紹介するのは、さまざまなビジネス書で取り上げられている方法ばかりです。人材育成以外のフィールドでも、人間関係が良好になり、仕事がうまくいく方法ですので、ぜひ今日から仕事に取り入れていただければと思います。

人材育成4つのポイント

1 重要事項はいつでも読み返せる形で相手に渡す

新しい配属先に来たばかりの人は、覚えることが山ほどあります。そこでオススメしたいのが、相手に重要事項を伝えるときは、メモやメールなどいつでも読み返せる状態で伝達するということです。特に一行、一言で説明できないようなものは、こちらから資料として渡すようにしましょう。

自分にとっては当たり前になっているルーティンワークでも、初めて取りかかる相手にとってはそうではありません。

口頭で説明して「簡単な内容だしもう分かっただろう」と思っていても、相手は一度で理解できていなかったということも多々あります。

新人のうちから自発的にメモを取るということも重要ですが、相手に素早く仕事内容を理解してもらうのも、人材育成の大切なポイントです。

相手が何度も同じことを聞くことに申し訳なさを感じて萎縮してしまい、遠慮して質問をせず分からないままで仕事を進めてしまった、なんてミスは珍しくありません。

いわむー
いわむー
メモやメールで相手に渡すと、言った言わないで揉めたり、何度も同じ説明をしたりすることも少なくなります。

ざわむー
ざわむー
面倒くさそうに見えて、実はお互いの仕事効率を高める効果があるのでぜひメモやメールを活用してみてください。

2 定期的に仕事の振り返りを行う

相手に頼んだ仕事はそのままにせず、定期的に一緒に振り返りを行いましょう。そのとき、どんな言葉をかけてあげるのが良いのかがポイントです。

・やりにくかった部分はあるか

・以前と比べて変化を感じた点はあるか

いわむー
いわむー
どうしても面談のように上記の二点について相手に質問したくなりますが、効果的なのは、あなたから相手に当てはまると思った点を教えてあげることです。

「この作業で詰まっていたみたいだけど、苦手なところだったかな?」

「以前と比べて資料作りが早くなってきたね、慣れてきた?」

といったように話を向けてみると、相手も自分の仕事を振り返り、話をしやすくなります。

また、あなた自身にも人の動向に気を配る能力が身につきます。

ざわむー
ざわむー
これは人材育成に関係なく、上司や同僚との円滑なコミュニケーションにも有効なスキルなので、ぜひ面倒くさがらずに相手をよく知ろうとする努力を積み重ねてみましょう!

3 気づいたことや気になることは伝える

相手のことで何か気になることがあれば、なるべくすぐに声をかけるようにしましょう。何か仕事で悩みを抱えているのかもしれません。また、仕事をするうえでよくないと思うこともすぐに声をかけることをおすすめします。

心配や悩みは、誰かに聞いてもらうだけでも心が軽くなりますし、間違った方法なら早めに指摘することが相手のためにもなります。

普段と様子が違うな?と思ったら面倒くさがらずに声をかけてみましょう。

ざわむー
ざわむー
心理学的にも、何度も会話する相手に対しては好感度が上がりやすいと証明されています。

いわむー
いわむー
ちょっとした会話を増やすことで、相手との関係も良好になりますし、相乗的に育成の効果も上がると期待できます。

4 注意するときは理由や改善点を添える

注意する際は、感情的に怒るのではなく「なぜ注意するのか」という理由や「どうすればいいのか」といった改善点を添えることが大切です。

「今の言葉遣いでは不快に思う人もいて、あなたの印象が悪くなることもあるからやめたほうがいい」

「資料の作成が間に合わないときは、連絡をしないと。他の人の作業まで滞ることがあるからね」

いわむー
いわむー
このように、なぜ注意されたのかを説明することで、相手の仕事の理解も深まります。

ざわむー
ざわむー
苦言を呈するというのは心苦しいものですが、大切なことは、相手を一人前に育てることです。相手が注意を納得して受け入れられるよう、言い方にも気を配りましょう。

参考になる本

人材育成について、基礎から学んでみたいという方には以下の書籍もおすすめです。

まとめ

いわむー
いわむー
色々書きましたが、人と人との付き合いであることを忘れないようにするというのが大事なことです。

ざわむー
ざわむー
人材育成は人と人との関係性に終始します。相手に苦労を押しつけるのもよい育成とは言えませんが、教える側が疲弊してしまうのもよい育成とは言えません。

人材育成のプロであっても、初めて組む部下や後輩であれば、その育成は初めて取り組む仕事です。ときには部下や後輩と一緒に成長するような気持ちで、肩の力を抜くことも重要です。

よい人間関係は、仕事の助けにもなります。自分のことも相手のことも尊重しながら、お互いにいい経験が積めるような人材育成を目指してみましょう。

ABOUT ME
WACO LOG
旦那はフリーランスのビデオグラファーとして地域の魅力を発信する動画制作をしている。最近では企業向けにスマホで動画制作講座も開催。嫁はフリーランスのWEB制作者としてWEBサイトのデザインや、コーディング業務をしている。どこででも働けるからこそ、フットワーク軽く自分たちが関わりたい地域にふらっと行って、ゆるゆる楽しく過ごす生活をしています。